2021年2月19日金曜日

春の訪れとともに

 まだ寒い日もありますが、暖かい日もだんだん増えてきています。
春の訪れとともに、花粉症がやって来ました。
 例年、この時期にマスクをしているのは花粉症の人だったのですが、今では新型コロナウイルス感染予防のため、ほぼ全ての方がマスクを着用していますね。
 花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・充血・発熱など、風邪や感染症と区別がつかない場合もあります。
 通勤の電車内でのくしゃみなどは、感染症予防やトラブル防止のためにも注意が必要です。
 マスクごしでも、くしゃみの飛沫拡散力はそうとうらしいので、なるべくこらえるようにしています。
 どうしてもこらええられない時は、口を閉じたままで、なるべく小さくし、肘の内側で口の辺りを覆うようにしています。(手のひらでは覆うのはダメらしい。)
(飛沫が手に→手は色々なものを触るため拡散しやすい) 
 くしゃみ等でトラブルを未然に防ぐために、「花粉症です」等の缶バッジなどでアピールするなどの対策も必要になるのですかね。

 2月15日の大雨が止んだ後、綺麗な虹が出ているとラジオでも話題になっていました。
 弘文社からも見えるかもと外を見ると、綺麗な虹がはっきりと出ていました。
 雨上がりで清々しく、元気が湧いてくる出来事でした。

DTPデザイン課 カメカメ力

2021年1月15日金曜日

新聞に掲載されました!!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

元気が出るお話があります。

当社が、菓子食品新聞に掲載されました。

最近、このコロナ禍で衛生面に神経を尖らせ気を遣う企業が業種問わずと多くなってきています。

特に食品を扱うお菓子業界にとっては、その傾向が強く感じられるます。

当社は、この状況を顧みて何か印刷技術でお手伝いは出来ないかと考えました。

その答えが、抗菌印刷です。

まだ、お菓子も含めた食品分野での活用事例はまだないかと思います。

そこで、お菓子の包装紙です。

抗菌印刷をすることで、抗菌性や安全性が保たれます。

このように使う人に考慮した抗菌印刷は、現在進行中のコロナ禍で活躍する立役者になるのもしれません。

ぜひご興味がある方は、お電話お待ちしております。



2021年1月12日火曜日

抗菌名刺

 





当社が取り扱っている抗菌印刷の中に抗菌名刺があります。

抗菌名刺とは、

用紙そのものに抗菌剤を配合することで、抗菌作用が発揮される用紙

で印刷する名刺の事です。

また、名刺の余白部分に「この名刺は抗菌紙を使用しております」と、

一文入ります。さらに抗菌処理をした印刷物には、

当社オリジナルの抗菌シールド(商標登録出願中)も印刷させていただきます。

コロナ禍だからこそ特定の方にお渡しする名刺は、抗菌名刺にしてみませんか。

1

         ⇧名刺の余白部分に抗菌シールド(商標登録出願中)のマークが入ります

2020年12月15日火曜日

抗菌印刷始めました!!



弘文社が抗菌印刷を始めました。

コロナ禍の真っ只中です。
皆様、手洗い・うがい・換気等に最大限の気を使いコロナに感染しない対策を
されていることと思います。
そんな状況下で、私共弘文社では印刷物に抗菌処理をしてお届けするサービスを
始めました。
その名も「抗菌シールド」(商標登録出願中)です。
従来の印刷面に透明の抗菌インクを塗布することで












上記の効果を得ることができます。
日々お客様にお伺いさせて頂いた時には
 
このような抗菌マスクホルダーをお配りさせて頂いています。
Withコロナの時代において私共弘文社も皆様の衛生にお役に立てるよう
頑張ってまいります。
 


2020年8月11日火曜日

蝉の声

 梅雨が明けたら猛暑がやってきました。

皆さんは体調を崩したりしていませんか?くれぐれもご自愛ください。


ところで、この週末にヒグラシの鳴き声を聞きました。夕刻に何とももの悲しく聞こえるあの声は皆さまそれぞれの切ない夏の思い出と共に胸に染みついているのではないでしょうか。ミンミンゼミやアブラゼミの勢いに始まってヒグラシの哀調で去ってゆく夏はひときわ趣深いものが有ります。

 

ところが、アメリカに行くと蝉は数年に一度大発生したりして街に大きな被害を与える害虫という扱いだと聞いたことが有ります。リモートワークをしていると海外の人からノイズが入っているぞと指摘され、その原因が蝉の声だったなんて事例もあるそうで。

 

なんでも、大部分の人は虫の声を音楽脳たる右脳で認識し、一部の人は言語脳たる左脳でそれを認識するのだとか。右脳で聞くと雑音として処理され、左脳で聞くと声として処理される云々。さらにその差は人種ではなくどの言語を母国語とするかで分かれ、左脳で聞くのは日本語とポリネシア語を母国語とした場合だとか。白人でも日本語で育てば左脳で処理し、日本人でも英語で育てば右脳で処理するそうです。


ほんまかいな?と思いつつ、理屈はともかく夏から秋にかけての虫の声を自然豊かな千葉の片田舎で満喫できる環境に感謝しております。もう少し涼しくなって、きれいなお月様を美しい虫の声と共に眺められる日々を待ち望んでおります。

2020年5月15日金曜日

ステイホーム

「ステイホーム」

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、皆さんお家で過ごしましょう。
と世間では昨今言われております。
 弊社でも営業時間の短縮や部署によって自宅待機日を交換制で取ったりしております。
 皆さんはこのステイホーム週間中にお家でどのように過ごされていますでしょうか。
 私の趣味は、映画を観ることとカラオケで大声で唄うこととお酒を飲んではしゃぐこと…
なのですが今は緊急事態宣言も発令され、映画館もカラオケも居酒屋も行けません。
 大好きなことが出来ないというのはこんなにもつらいのかと思う反面、お家で大切な人とゆっくり過ごせる良い時期なのかもしれないなと思ったりもしています。
 社内には、料理をする男性社員が増えていたり、この機会に勉強をしている社員もいます。
 ついマイナスな所ばかり見つけてしまいがちですが、プラス要素を沢山探して毎日楽しく過ごしていけたらいいなと個人的に思う今日この頃です。
 さて、こんな時だからこそ印刷会社として、弘文社として、出来ることはなにか・・・
 大切な手洗いを促す販促物や、三密(密閉)(密集)(密接)についての販促物を作成したり
手作りマスクの作り方やおしゃれなマスクのデザインを考えたり?
新型コロナウイルスについての正しい情報を販促物を通じて世間へ発信したり??
 世の中の流れにうまく流れていきながら、自分たちに出来る精一杯のことを仕事の中で見つけて実行していけたらいいなと考えます。
 何か印刷会社にしてもらいたいこと、必要なことが御座いましたら、何なりと市川の弘文社へご一報頂ければと思います!こんな時こそ全力で対応させて頂きます(^○^)/
株式会社 弘文社 ℡047-324-5977

2020年4月22日水曜日

何が見えるかな




『深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いている』


 フリードリヒ・ニーチェ(1844-1900)ドイツの哲学者が残した言葉です。


 難解な言葉であることから様々な解釈がありますが、私はその内の一つ、「異常を理解しようとする時、すでにその異常に魅入られている」と理解するのが好きです。この言葉の前には「ミイラ取りがミイラにならないように…」というような意味の前置きがあることから、これが一番単純な解釈なのではないでしょうか。


 異常なこと(現象・心理)は正常な側からは理解しづらく、その分魅力的だと思いますが、そこに魅力を感じない人もいるということは、自分はその異常に片足を突っ込んでしまっているのではないかという不安も同時に感じます。ただまったくの興味本位なので、その深淵とやらに両足をずぶずぶと沈めなければ何ら問題はないのでしょう。(多分)



フリードリヒ・ニーチェ



 ここでなぜ、たいして詳しくもないのに突然哲学者の言葉などを持ち出したのかといえば、もっと単純な話です。




 冬も終わり、だんだんと日が長くなっている今日この頃ですが、それでも少し残業をするともう辺りは暗くなります。


 頻度は少ないのですが、部署で最後の一人となったときは戸締りなどの始末をつけなければなりません。鍵を掛ける前に自分用や共用のパソコンを終了し、プリンタやエアコンの電源を落とし、ガスの元栓を締め、最後に照明を消します。この時、たまにパソコンのモニタが「電源の入った状態で黒い画面を写している」状態のまま、適正に終了されていないことがあります。照明を消した後、暗闇のなかでモニタが「黒く光っている」ので見つけることができます。そもそも始末を確認した後なのでこの段階で見つける頻度は少ないのですが、それでも一応部屋の中を一巡見回すことにしています。




 暗闇の中に身を置くなか、視線の先のもう用のない(はずの)暗闇をじっと見ている時、いつも『深淵を…』の言葉を思い出します。


 深淵とは文字のまま深い淵のことなのですが、私の中のイメージでは「暗く果てのないもの」となっており、そこからの連想です。「暗闇と見つめ合っている…」と一瞬考えた後、それ以上考えないようにさっさと鍵を掛けて部署を後にします。


 もともと大変な怖がりなので、逆にわざわざ怖いことを考えて、それを打ち消すことで自己防衛する儀式のようなものなのです。




 もっと、もっと単純な話をすると、近年「深淵を覗く時、暗くてよく見えないのだ」とツイートされて、一部で話題になりました。こちらの方が多くの人の理解を得たようです(笑)。



「深淵」こんなイメージでしょうか…



 とりとめのない話となりましたが、念のため。当社にはオカルトな「いわく」等はございませんので悪しからず。



DTP課 怖いのはイヤでも興味は人一倍…